上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 
昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書)昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書)
(2014/07/18)
川田 稔

商品詳細を見る




 戦前の軍部は、悪だった。戦後マルクス主義的歴史観が中心になり、学校でもそのように教わりました。しかし、この軍部の中でどの部分が具体的に悪かったのかということは、教わりません。軍が悪いと言っても、軍の何が悪かったのか。陸軍なのか、海軍なのか。その中の陸軍省なのか、海軍省なのか。参謀本部なのか、軍令部なのか。その他、たくさんの軍部の中の何に問題あって、大東亜戦争に突入し、敗戦に至ったのか。

 今後、このようなことを繰り返さないためにも、その軍部を知る必要があると考えております。その軍の中でも、悪の部類に入れられてしまう、陸軍についてこの本は書かれています。

 どのようにして満州事変に突入したか、陸軍の中でどのような人物がいて、どのような考え方を持っていたか。一夕会というサークル活動と参加人物・その影響、満州事変時の陸軍、海軍、内閣、政党についても詳しく書かれています。

 当時の内閣については、知らないこともたくさんあり、非常に興味深く読むことが出来ました。内閣は、軍に対してただ弱腰であったということではありません。内閣は、内閣で事態の拡大を抑えるために、懸命に努力されております。また、この問題を政党間の政争に利用されてしまったというのも残念です。

 その他、何故日本は満州国を建国しなければならなかったのか。当時の国際情勢で日本はどのような立場だったのかということもよくわかります。
 
 私は、日本の安全保障上の対応と考えております。現代の価値観で考えれば、おかしいことかもしれませんが、当時の国際社会では、日本が存在を継続するためにも必要なことだったのではないかと考えております。当時、イギリス・アメリカがこの満州事変についてそれほど批判していないことからもわかります。
 
 そして、永田鉄山と石原莞爾という陸軍の二人の重要人物についても思想を比較されており、二人の考え方をわかりやすくまとめて頂いており、非常に興味深かったです。

 陸軍を知ることにより、その組織と行動を学ぶことにより、二度と同じ失敗を犯さないようにしなければなりません。また、私は、会社という組織に属して行動をしております。この陸軍について学ぶことは、私の日々の仕事にも役立てることが多いと感じました。


昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書)昭和陸軍全史 1 満州事変 (講談社現代新書)
(2014/07/18)
川田 稔

商品詳細を見る



スポンサーサイト
2015.03.31 Tue l l コメント (0) l top
 3月29日 日曜日の産経新聞の朝刊にカリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさんの書評が掲載されていました。日本でもバラエティーや報道番組、CM、テレビドラマにも出演されていましたので、私の世代の人はほとんどの人が知っていると思います。


yjimage[3]


 この書評は、このように書かれています。
 「正義を気取るリベラル紙の文章は、臆測と揚げ足取りをベースに、被害妄想と陰謀論を掛け算し、隙間を罵詈雑言で埋めたものが目立つ。ファクトを基礎に据えない彼らの主張は、ジャーナリズムとは別世界の代物である。法曹界にも時々、結論ありきでストーリーを組み立て、勢い余ってファクトの捏造に走る人がいる。そういえば慰安婦問題に深く関与した日本人弁護士は有名議員なのに、釈明をまだ聞いていない。」

 歴史の事実を無視して、自分たちに都合の良いところだけを切り取って、全く存在しなかった事実をあたかもそれが、存在したことのように発言や執筆をされている方がいます。

 日本人は、戦後の歪められた真実について、それを新聞やテレビが報道することをそのまま信じている方が多いように感じます。調査をしても欧米では、新聞・テレビの報道を信じる人は3割程度に対して、日本人は8割近くの人が信じるようです。確かに、新聞やテレビが嘘を伝えるわけがないと考えている人は多いと思います。しかし、その内容に自分自身でその情報に対して、本当かどうか検証する必要があります。

 その情報は、本当なのか、またすぐに騙されないためにも、自分自身で学び知識を蓄えていく必要があると考えさせられました。アメリカ人の方でも理解されていることに、まだ日本人の中でも十分理解できていない人がいることは本当に情けないことです。次の世代に一人でもこのような、情けない人がいなくなるように私も取り組んでいきたいと思います。


ケント・ギルバートさん書評を書かれたのは、この本です。


「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか (産経セレクト)「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか (産経セレクト)
(2015/03/18)
櫻井よしこ、花田紀凱 他

商品詳細を見る
2015.03.30 Mon l ブログ l コメント (0) l top
 




よっぽど降板させられてお怒りだったのでしょう。テレビ朝日「報道ステーション」の生放送で、この怒りをぶつけてしまいました。総理官邸からの圧力により、古賀茂明さんが降板させられたというものでした。

 内容は、ともかくテレビでこのようなやりとりを見るという経験はほとんどありません。政治的主張による対立や意見の対立による議論は、さまざまな番組で見たことはありますが、このような生放送による裏事情の暴露というのは珍しいのではないでしょうか。

 私は、古賀茂明さんという人の考えられている、規制緩和や既得権益の打破というところには共感を持ち、応援もしています。ご著書も読み、講演も聞きに行った経験があります。

 しかし、この方のこの部分以外の政権の批判については、共感することが出来ません。人には、良い部分と悪い部分があります。言論人や政治家の中には、考えがあまり好きではない方や政策に共感することが出来ない党があります。あまり好きではないからといって、その人やその党を全て否定することは、好ましいとは言えません。その人や党の中でも素晴らしい考えや政策があります。この部分を否定するのではなく、素晴らしい部分は認めていくというようにしなければなりません。

 今回の古賀茂明さんの対応は、少しもったいないと思います。あそこまでやっちゃうと今後、テレビ朝日の番組には出演することが出来ないと思われます。また、他のテレビ局にも影響が出る恐れもあります。言論活動の場を狭めるということは、古賀茂明さんにとっては本当に良いことなのでしょうか。

 私も仕事で上司や取引先に頭にくることがあります。しかし、それで感情的になっては全て台無しになってしまします。古賀茂明さんの応援できる部分もあり、その部分については今後も情報を発信して欲しかったので、古賀茂明さんの言論活動の幅が狭まるということは残念です。

 私は、安倍政権を応援しておりますが、全てが正しいと考えているわけではありません。おかしいなという部分もあります。でもこれってどこでも存在することです。私は、妻を愛して結婚をしました。しかし、妻の嫌なところも実際にはあります。そこをお互い指摘しあって、生活をしていくというのも夫婦生活では当然のことではないかと思います。

 今後も古賀さんには、規制緩和・既得権益打破に向けて頑張って欲しいと思います。



日本中枢の崩壊日本中枢の崩壊
(2011/05/20)
古賀 茂明

商品詳細を見る

 
 

 
 
2015.03.29 Sun l 政治 l コメント (2) l top
 今日は、大変良い天気でした。

 いつもは、休みの日は家族で朝ごはんを食べますが、今日はモーニングを食べに行きました。喫茶店でたまのモーニングも良いものでした。

 良いお天気の中、喫茶店近くの公園ではたくさんの子供たちが遊んでいました。息子もそこに交じって楽しく遊んでいました。息子が楽しそうに遊ぶ姿を見ることは、とても幸せなことです。

 その公園にも桜の木がたくさんあります。

 桜の下では、さまざまな家族がシートを敷いてお花見をされていました。どの家族も幸せそうにみえました。

 実際は、どの家族にも悩みや不安はあると思います。そのような思いも全て、桜の木の下ではないように見えるのは不思議です。

 私も誰かの時間の中で、私といる時だけは嫌なことが忘れることが出来るというような存在になれているでしょうか。妻くらいは、そのように思っていてくれていると信じております。

 桜は、この時期しか楽しむことが出来ません。明日は、お天気が悪いようですので、桜を楽しむことが出来ないかもしれません。来週は、いたるところで満開の桜を見ることが出来そうです。楽しみです。



IMG_20140329_142013.jpg


2015.03.28 Sat l お出かけ l コメント (0) l top
 妻の妊娠がわかって、2週間が経過しました。突然の出血と腹痛が妻を襲いました。病院に行きましたが、流産してしまいました。

 やっと授かった二人目の子供だったので、残念です。これも運命ですね。辛いですが、仕方ないです。天国から地獄とはこのことです。あの2週間前の喜びが嘘のようです。

 いつまでも私がくよくよしている訳にはいきません。明日からは、また前を向いてまた歩いていかなければなりません。


2015.03.27 Fri l 家族 l コメント (0) l top
経済で読み解く大東亜戦争経済で読み解く大東亜戦争
(2015/01/24)
上念 司

商品詳細を見る



【 目 次 】
まえがき ~なぜ今、「大東亜戦争」を学ばなければならないのか

序章  【 経済と戦争の相関 】 
     「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!

第一部 【第一次世界大戦までの世界経済の動向】
     「金本位制」が世界経済を成長させ、そして、奈落に突き落とした・・・

第二部 【第一次世界大戦の明暗】
     凋落するドイツとフランス、台頭するアメリカと日本

第三部 【第二次世界大戦前夜の日本経済】
     日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか

終章  【日本の戦後復興】
     焼け野原から「高度経済成長」を成し遂げた奇跡の国・日本


 日本だけでなく、どこの国でも経済が悪くなれば、失業者が増え、治安も悪くなります。人々も将来に対して自信がなくなり不安になることでしょう。人々の生活は、困窮します。この本では、経済という観点からどうして日本が大東亜戦争に突入していったのかということがよくわかります。経済政策を間違うということは、このように大変な惨事をもたらすことになります。日本は、二度とあのような歴史を繰り返さないためにも、この日米開戦時の経済政策の失敗を学ぶ必要があると思います。また、デフレがどのくらい経済に悪影響があるのかということについても詳しく書かれており、大変参考になりました

 現在の安倍政権も経済に力をいれています。株価は、上昇を継続していますが、私たちの生活が著しく向上したという実感を味わうところまで行っていません。今後、効果もあらわれてくると思いますので、経済のみならず、安倍さんが目標としている、政策にも期待をしたいと思います。


経済で読み解く大東亜戦争経済で読み解く大東亜戦争
(2015/01/24)
上念 司

商品詳細を見る
2015.03.27 Fri l l コメント (0) l top
 内閣府が今年1月に社会意識に関する世論調査を行いました。「国を愛する」ということについての日本国民の回答が出ています。

【 調査内容 】

国や社会との関わりについて

Q1.「国を愛する」という気持ちについて伺います。あなたは、他の人と比べて、「国を愛する」という気持ちは強い方だと思いますか。それとも、弱い方だと思いますか。この中から1つだけお答えください。

(ア) 非常に強い               16.9%
(イ) どちらかといえば強い         38.5%
(ウ) どちらともいえない(わからない)  37.9%
(エ) どちらかといえば弱い          5.8%
(オ) 非常に弱い(全くない)          0.8%

Q2.あなたは、今後、国民の間に「国を愛する」という気持ちをもっと育てる必要があると思いますか。それとも、そうは思いませんか。

そう思う      75.8%
そう思わない   12.5%
わからない     11.8%


 この調査で日本には、「国を愛する」という気持ちを強いか、弱いかに関わらず持っていることがわかります。非常に弱い(全くない)と答えた方は、ほとんどおられません。少人数ではあっても日本という国を愛することが出来ないという方がおられるということは残念です。

 「国を愛する」という気持ちをもっと育てる必要があると思う方も大半の方がおられます。どのように育てるかということはありますが、無理に日本を愛するようにと、愛国心を強制することは間違っていると思います。

 日本には、2675年の歴史があります。すばらしい歴史、文化、伝統があります。これらを一つ、一つ知るだけで日本を愛する気持ちを育てることが出来ると考えています。もちろん、日本は何もかもがすばらしくて、悪いことは何一つないというわけではありません。古事記を読み、日本の建国を語れるようになり、日本の文化、伝統を知ることは素晴らしいことです。
 海外に行っても、自国のことを語ることが出来ないような人間をどうして信用してくれるでしょうか。私もこのことは、海外赴任を経験して思い知らされたことです。

 先人たちの苦労や軌跡の連続でつながったこの国を次の世代にもつないでいかなければいけないという責任を感じながら精進したいと思います。



2015.03.26 Thu l ブログ l コメント (0) l top
 次世代の党 和田正宗参議院議員が政府に質問主意書を提出されました。質問主意書の内容は、村山談話についてです。

 
『村山内閣総理大臣談話に関する質問主意書』 和田政宗議員のブログより

 政府は、今年戦後70年を迎えるに当たって、新たな内閣総理大臣談話を発表するべく検討を進めているところである。平成7年8月15日に閣議決定された村山内閣総理大臣談話(以下「村山談話」という。)には、「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」とある。ただ、「植民地支配と侵略」については、例えば平成25年4月23日の参議院予算委員会で安倍総理による、「特に侵略という定義については、これは学会的にも国際的にも定まっていないと言ってもいいんだろうと思う(中略)国と国との関係において、どちら側から見るかということにおいて違う」との答弁にあるように、村山談話における「植民地支配と侵略」が何を指すかは不明確である。そこで、以下、質問する。

一、村山談話における「植民地支配」とは、我が国が行ったどのような行為を指すものなのか具体的に明示されたい。ま
   た、「植民地支配」の定義を明らかにされたい。

二、村山談話における「侵略」とは、我が国が行ったどのような行為を指すものなのか、具体的に明示されたい。また、
   「侵略」の定義を明らかにされたい。


『参議院議員和田政宗君提出村山内閣総理大臣談話に関する質問に対する答弁書』

一及び二について
 「植民地支配」及び「侵略」の定義については様々な議論があり、お尋ねについてお答えすることは困難である。いずれにせよ、安倍内閣としては、平成7年8月15日及び平成17年8月15日の内閣総理大臣談話を含め、歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる。


 この政府の答弁書は、おかしいと思います。村山談話では、「植民地支配」と「侵略」についてアジア諸国の人々にお詫びをしています。この内容を政府は、引き継ぐといいながら「植民地支配」と「侵略」については答えることが出来ません。答えることが出来ないものに関して、引き継ぐということは、村山談話はよくわからないことについてお詫びしているが引き継ぐということです。

 答えることが出来ないものをなぜ引き継ぐのでしょうか。外交的な観点からどうしても、このような村山談話を引き継ぐことは出来ないと言うことが難しいのだと思われます。周辺諸国(中国、韓国)に対する感情に配慮し続けてきたのがこの結果に出ているのではないでしょうか。
 過去を見直し、今後の対応については、言うべきことははっきりと国際社会に発言して欲しいと思います。もちろん喧嘩をして欲しいということではありません。仲良くできるのであれば、仲良くしたいですね。


戦後レジームを解き放て! -日本精神を取り戻す!戦後レジームを解き放て! -日本精神を取り戻す!
(2014/10/10)
和田政宗

商品詳細を見る










2015.03.25 Wed l 未分類 l コメント (0) l top
[新訳]南洲翁遺訓[新訳]南洲翁遺訓
(2008/12/20)
松浦 光修

商品詳細を見る



 『留魂録』 、 『講孟余話』に続いて松浦先生の本を読みました。この本も学ぶところが多く、勉強させて頂くことが出来ました。

 この『南洲翁遺訓』は、荘内藩の菅 実秀(すげ さねひで)が直接、西郷隆盛と会ったことのある人々に呼びかけて、それらの人の記憶からこの本の編纂がはじまっています。松浦先生は、「西郷さんの、珠玉のような人生の教訓や、甘露のような人生の知恵に満ちた言葉」と書かれています。この本の編纂には、政府からの妨害もあったそうです。それでも旧荘内藩の人々は、その妨害に負けることなく編纂を続けます。

 西郷さんの言葉を残すのになぜ、旧荘内藩の方だったのか。普通であれば、薩長土肥と言われるように新政府を作るのに中心的な役割を果たした藩の中からこのような動きがあってもおかしくありません。しかし、西郷さんの敵であった旧荘内藩の方の呼びかけで編纂が始まっています。

 荘内藩は、戊辰戦争で新政府軍と激しく戦っています。そして、戦いの結果、降伏をしております。荘内藩は、新政府から当然厳しい降伏条件を突きつけられると構えます。しかし、それは荘内藩の方々が想定したより、寛大な処置でした。これには、荘内藩の方々は驚きます。それを言い渡した、薩摩の黒田清隆も礼儀正しい態度で言葉づかいも丁寧で勝ちに驕って、威張りませんでした。武士らしく立派な態度だったので、荘内藩の方々は、感動されたそうです。後にこの時のことを菅 実秀が黒田清隆に聞いたところ、あれは全て西郷さんの指示で行ったことだと言うのです。この後、荘内藩は西郷さんに感謝をし、西南戦争の時には西郷さんが帰れというのを聞かず、命を落とされた方もいます。

 この本は、そういった旧荘内藩の方々の西郷さんに対する感動と感謝が込められています。学ぶべきことばが多く、自分の生活や考え方についても見直すことが出来ました。

 「人間の知恵を高めるというのは、具体的に、どういうことなのかというと・・・、要するに人々を愛国や忠孝の心に目覚めさせる、ということなんだね。国家に尽くす・・・家庭でがんばる・・・、そういうことの大切さを納得している人が、多ければ多いだけ、国の事業はすべて、善い方向に進展していくんだよ。」

 「生きていく上では、ただひたすら”天を敬する”ということを心掛けていればいいのさ。天というのは、他人も自分も、同じように愛してくださるものだから、私たちも、天の心と自分の心を一致させて、自分を愛するのと同じように、他人を愛することだね」

 「上手くいかない時があっても、けっして誰かを責めたり、何かを責めたりしてはいけないね。そういう時こそ、”自分の誠が、まだ足りなかったのではないか?”と、自分の心を顧みなければいけないんだよ」

 「辛く苦しい出来事を”正しく生きる”ことによって乗り越え、そういう苦難を楽しむ・・・というくらいでなくてはいけないよね。」


 ほんのごくわずかを紹介させて頂きましたが、その他にも現代の私たちも大切にしなければならないことがたくさん書かれています。

 西郷さんの人生は、投獄されることで辛く苦しい時期もありました。その後、新しい時代を開く大きな力になられたことは周知のとおりです。西郷さんの言葉をよく理解し、今後の人生に役立てたいと考えております。



[新訳]南洲翁遺訓[新訳]南洲翁遺訓
(2008/12/20)
松浦 光修

商品詳細を見る


2015.03.24 Tue l l コメント (0) l top
 ダイエットをしてもなかなか減らなかった体重が、特に普段の生活を変えている訳でもないのに減ってきました。20年前の学生の頃と同じくらいです。

 変わったところは、1ヶ月前から朝食をやめて青汁を飲むだけにしました。ただ、結婚する前は、朝食をとってませんでしたので、これも体重が減少する要因ではないと思います。

 もう一つは、ヨーグルト(R-1 か恵)を花粉症対策で夕食後に食べているだけです。私は、花粉症ではありませんが、突然襲ってくるようですので、その対策にヨーグルトを毎夕食後、食べるようにしました。

 仕事のストレスも特にありません。最近は、順調で決算前にある程度の数字に到達できそうですので、こちらの心配もありません。


明治ヨーグルトR-1 112g×24個明治ヨーグルトR-1 112g×24個
()
R-1

商品詳細を見る




MEGMILK(メグミルク) ナチュレ恵megumiヨーグルト 400g×4個入MEGMILK(メグミルク) ナチュレ恵megumiヨーグルト 400g×4個入
()
雪印メグミルク

商品詳細を見る

 


 体重は、ダイエットをしている時に頑張ってもなかなか減少しません。しかし、それほど意識していないのに急に体重が減り続けると、うれしいというより少し体大丈夫かなと心配になります。
 体重も太りすぎということでなければ、それほど意識することはないのかもしれません。無理なダイエットをするよりも、健康的な生活をして、その結果体重が増えることがあってもそれはそれで良いのかもしれません。暴飲暴食をしなければ、体重が急に増加することもないでしょう。

 年末には、家族が一人増えます。さらに自分だけの体ではないことを意識して健康管理に努め精進していきたいと思います。

2015.03.23 Mon l 健康管理 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。