上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top





 現在国会で最も注目されている、安保法制について考えていると、ある本にこの村上春樹さんの小説の話しが出てきました。

無視してもよかったのですが、よく売れた本でもあり、村上春樹という誰でも知っている方の本を読んだことがなかったので、この

機会に読んでみました。この年齢になるまで、村上春樹を読んでなかったの?と思われる方も思われるかもしれませんが世の中

で売れていると言われると、ついつい無視したくなります。少し、おかしな性格かもしれません。また、小説をあまり読まないこと

もご縁がなかった大きな原因だと思います。小説は、面白いとはまってしまって、他のことを放って読み続けてしまいます。

他のことを犠牲にしてしまう可能性が高いので、読まないことにしています。この本も上下2冊を1日で読み終えました。

小説をあまり読まないと言いましても、小説には立派なものはたくさんあり専門書や研究書を読むよりも人間を観察する時には、

役立つことも多いと考えております。

 実際、この本は興味深く読むことが出来ました。大変読みやすく、人気が出ることがよくわかります。しかし、私は本質を理解

していないのかもしれませんが、世の中で400万部を超えるほどの作品かなと感じました。また、一冊読んだだけで村上春樹さん

の作品を理解出来るわけでもありません。また、機会がありましたら他の作品を読んでみたいと思います。







 

 
スポンサーサイト
2015.07.06 Mon l l コメント (1) l top
 子供の習いごとは、今、公文に通っています。妻のママ友に誘われてピアノ教室に行ったところ、このピアノ教室にはまって

しまったようです。ピアノ教室に行くことになりました。

 ピアノ教室に行くなら、公文の国語か算数のどちらかやめますか?と息子に確認したところ、絶対に両方やめたくないといっています。

 これまで、公文の宿題もたまにサボることもあったのですが、両方やめたくないようで、宿題を一生懸命やるようになりました。

そこまで公文に行きたかったとは思っていませんでしたので、少し驚いています。

 子供の習いごとは、本人の意思を尊重しています。私は、もっと男の子らしい日本の素晴らしい武道なんかにチャレンジして欲し
いなと思いますが押し付けることは出来ません。

 せっかくピアノ教室に行くことになったので、長く続けることを目標にチャレンジして欲しいと願っています。私も出来る限りの

応援をしたいと思います。






2015.07.04 Sat l 家族 l コメント (0) l top
 皆様も会社から、TOEICの点数を何点取りなさいなんて言われている方も多いかと思います。私が勤めている会社でも強制的

にTOEICを受験させられます。受験することは、大変良いことだと思いますが、休日の大切な家族との時間がなくなるということ

は、本当に悲しいことです。そのためには、受験をしなさいと言われても、受験しませんと強く言えるスコアを取得する必要があり

ます。

 海外赴任していた時も英語での会話は、重要なことでした。多少、話すことが出来たとしてもこのTOEICで良いスコアを取ること

ができるわけではありません。

 なかなか自分の意思で勉強を継続することが難しいので、ついついTOEICの学校に通おうかなと考えてしまいます。しかし、自

分で勉強しないのに、高い授業料を出してまで学校に通う必要もあるかなと考えることもあります。

 しかし、妻が背中を押してくれたこともあり、学校に行くことにしました。少し、お金がかかりますが、先行投資で前向きに考えた

いと思います。

 今回は、頑張らねばなりません。良い点数を取って、このブログでお知らせしたいと思います。


2015.07.01 Wed l 雑感 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。