上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 民主党と維新の党が合流して、新党を結成するようです。

 個人的には、自民党に対抗が可能で政権交代をしてこの国の政治を任せることの
出来る野党になってほしいと思います。

 しかし、民主党と維新の党が合流をして、新党を作ったとしても私が期待するよ
にはならないでしょう。

 そんなに簡単なことではありません。労働組合に頼り、多数の左派議員を抱える
政党にはこの国の政治を任せることは出来ません。

 新党を作ることによって、根本的な体質を変えることが重要だと思います。これ
までと同様ではなく、自民党に対抗できる保守政党として生まれ変わることこそ
新しい党が政権党に相応しい姿だと思います。

 民主党や維新の党にも優秀な議員の方は、多数おられると思います。現在、この
ような方々は、非主流派として党の中心で活躍されていません。

 政府が出す法案については、何でも反対。反対のための反対を繰り返しているよ
うではダメです。

 新党ができ、国会で与党と法案の内容で切磋琢磨して頂き、その内容で国民によ
って支持される、優良な党になることを願います。

 名前もまだ決まっておりませんが、新しい党には小さな期待をしたいと思います。

 それでも私は、安倍内閣を応援することには変わりませんが。

スポンサーサイト
2016.02.23 Tue l 政治 l コメント (0) l top
 今日は、日帰り温泉に行こうということを決めていました。昨年末、いちご狩りに
行ったときに通った、気になる温泉がありましたので、そこに行くことにしました。

 日帰り温泉といいましても、どちらかというと銭湯の少し大きくなったところのよ
うな温泉でした。

 それほど混雑もしていなくて、とても快適に時間を過ごすことが出来ました。ただ
息子がまだ温泉には、少し慣れないなという感じです。

 そのため、もう少しゆっくりと入りたいなという思いはあるのですが、それにはも
う少し、彼の成長が必要なのかもしれません。

 彼が、少し温泉に対して苦手意識があるのは、温泉の温度です。お湯が彼には、
とっても熱いようです。
 
 まずお湯を彼の体にかけて、少しずつお湯に入るのですが、それでも熱い、熱いと
いいます。時間をかけて、少しずつお湯に入ることは出来るようになってきましたが
まだまだ、快適な入浴というわけにはいかないようです。

 露天風呂にも行きました。

 こちらは、寒い、寒いと言いながら、お湯に入ろうとしません。しかし、さすがに
寒かったのでしょう。お湯にも入ってきました。薬湯ということもあり、少し珍しか
ったのかもしれません。不思議な顔をしていました。

 久しぶりに家族でお出かけをすることが出来ました。気温も少しずつ暖かくなって
きています。病気から、体力も回復してきました。これからは、家族との外出も積極
的に増やしていきたいと思います。

2016.02.21 Sun l お出かけ l コメント (0) l top
 先週末、ブログを書こうとパソコンの電源を入れたところ、画面が真っ暗
になり、何分待っても、待っても真っ暗のままでした。

 なんだこれ???

 まだ、パソコン買ってそれほど期間も経ってないないのにと驚いていまし
たが、今日は順調です。

 何だったんでしょうか???

 不具合の原因も不明ですが、直った理由もわかりません。

 調子のよくなったパソコンでまた、ブログ作成をしていきたいと思います

ので、よろしくお願いいたします。

2016.02.20 Sat l 雑感 l コメント (0) l top
 建国記念日の昨日は、国民の祝日です。多くの方は、会社や学校がお休みだったと
思います。

 私は、皆様と異なりお休みではありませんでした。久しぶりに祝日出勤しましたが
普段では経験することができないこともありました。

 朝、出勤するときには息子は普段まだ寝ています。昨日は、息子の幼稚園も休日で
でした。普段通り出勤しようとすると、玄関まで走って来てくれました。

 家を出る時間が少し遅かったので、私の外出時間に間に合ったのです。

 大きな声で「いってらっしゃい」と言ってくれました。何気ないことかもしれませ
んが、めちゃくちゃ嬉しかった。

 祝日の出勤ですが、頑張ろうと気合いが入りました。

 電車は、いつも座ることが出来ませんが、昨日は座ることが出来ました。これもい
つもの出勤では体験することが出来ません。

 道もお店も閉まっていたり、ガラガラだったりあまり見ることのない光景が視界に
入ってきます

 祝日の出勤だから経験できたことです。貴重な体験をすることが出来ました。

 今日は、今週最後の仕事です。もう1日、頑張りましょう。
2016.02.12 Fri l 雑感 l コメント (0) l top
2月11日は、国民の祝日です。なぜ、国民の祝日かといえば建国記念日だからで
す。国民の祝日は、休日になります。

 しかし今年の建国記念日は、出勤しなければなりません。昨年、肺炎で入院を含め
た休暇によって、1ヶ月半も仕事を休みました。仕方ないですね。仕事頑張ります。

 古事記に書かれている通り、紀元前660年のこの日に神武天皇が東征を行い、現在
の奈良県の橿原宮で日本は建国されました。今から、2676年前のことです。

 日本は、今年で皇紀2676年です。世界で最も長く続いている国です。これほど
長く続いている国は、日本以外には世界に存在しません。

 大変残念なことですが、日本人は日本が建国されたことを知っている人は20%未満
しかいないそうです。

 このようなことは、世界で大変珍しいことです。アメリカ人でワシントン、中国人で
毛沢東を知らない人は、ほとんど存在しないのではないでしょうか。
 
 恥ずかしいことですね。

 世界に誇る日本の歴史を知らなくて、何が国際化でしょうか。

 多くの人に建国のことを知ってほしいと願いますが、自分の息子にはしっかりとこの
ことを教えていきたいと思います。

 学校が教えないのですから、親がしっかりしないといけませんね。
2016.02.11 Thu l 雑感 l コメント (0) l top
 元プロ野球選手の清原容疑者が逮捕されましたが、この事件で最も気になったのは
清原容疑者が離婚をしてから、子供に会えなくなったということです。

 清原容疑者には、2人の息子がいるようですが、自分の息子に会うことが出来るの
も年に何回というように決められているようです。

 これは、離婚をしたことが原因です。何故離婚になったのかは、わかりませんがど
のようなことをしたとしても、息子に会えないということは大変つらいことだろうと
思います。

 だからといって、覚せい剤に手を出しても良いということにはなりません。

 世の中の人は、離婚したから悪いんだですませますが、もし自分がこの立場になっ
たらどうなるでしょうか。

 平日、仕事が遅くなり起きている時間に帰宅できないくらいで大変残念だなあとい
つも思いますが、それが年に数回しか会えなくなる、もしかすると、数年間会えなく
なるということが起こるかもしれません。

 離婚原因にもよるのかもしれませんが、このようになったら私も少しおかしくなる
ような気がします。仕事にも日々の生活にも集中できなくなるでしょう。

 清原容疑者が犯した罪は、決して許されることではありませんが、少し気になって
しまいました。

 両親の何らかのトラブルにより、子供に寂しい思いをさせるということは絶対にし
てはならないことですね。心しておきたいと思います。

2016.02.10 Wed l 家族 l コメント (0) l top






 この本ののタイトルでもある、ようこそというと何やらお客さんを歓迎しているような
感じですが、実はそうではありません。全く歓迎しない方がやってくるというお話しです。 

 この作品の登場人物も元銀行マンです。出向中で中堅企業のナカノ電子部品という
会社で働いています。銀行でも副支店長までなりましたが支店長にならず出向です。

 銀行マンとしては、残念だっただろうと思います。出向先の会社は、私の会社と同
じような製造業でしたので、これまでの池井戸潤さんの中でも親しみを感じながら
読むことができました。

 倉田太一はある日、混雑中の駅で割り込みをしようとした男と出くわします。おと
なしい男ですが、この時は彼を注意します。これが、この男の恨みをかうことになり
ます。

 この男も陰湿で、倉田の後を家までつけます。次の日の朝から、倉田家に人為的な
陰湿な出来事が多発します。

 花壇を荒らされたり、ポストに死にそうな猫を入れられたり、車を傷つけられたり
です。

 一方、会社でもおかしなことを発見します。これは、営業部長の不正です。倉田は
これを追い詰めていきます。

 ストーカーの被害というものは、その現場を見つけないとなかなか犯人を特定する
ことが出来ません。警察に行っても、真剣に取り合ってくれないという状態です。

 私は、駐車場が家から少し離れています。実際に私もこのように車に傷をつけられ
るというようなことが起こっても、犯人を見つけることはできないでしょう。当然、
警察にいっても同じでしょう。

 このような犯人を捕まえることは、困難ですがこの家族は犯人を捕まえるために
家族が団結して、取り組んでいきます。
 
 池井戸潤さんの多くの作品と少し異なるような気がしますが、いつも通りこの作品
も非常に興味深く読むことが出来ました。







2016.02.09 Tue l l コメント (0) l top
 手裏剣戦隊ニンニンジャーが終わりました。昨日の最終回は、これまでの1年間を
振り返ると寂しいものとなりました。
 
 息子が戦隊にはまったのは、烈車戦隊トッキュウジャーでした。このトッキュウ
ジャーも年少の夏頃から見始めましたので、最初から楽しみに待ち見始めたのは
ニンニンジャーが初めてでした。

 ニンニンジャーが始まったころは、楽しみに見ていまいたが、現在はそれほど興味
が無くなってきているようです。どちらかというと仮面ライダーや妖怪ウォッチに彼
の関心は移っています。

 しかし、昨日は朝、テレビで始まる前に起きて最終回を楽しんでいました。最後の
打ち上げ花火も当てて喜んでいました。

 それでもやはり、彼の興味が薄れているのがわかります。最終回というのにそれほ
ど残念そうに見ている気配はありませんでした。

 ニンニンジャーのおもちゃもたくさん購入しました(おじいちゃんが)。何度も何度
もニンニンジャーショーも身に行きました。映画も撮影会も行きました。

 それぞれ、良い思い出です。

 今度から始まるジュウオウジャーには、それほど興味がないようです。それも成長
したということでしょう。

 息子の成長とともに、彼の関心の移り変わりを見ていくことは、大変面白いです。
今後は、どのようなことに関心を持つのでしょうか。楽しみです。



2016.02.08 Mon l 家族 l コメント (0) l top
 台湾でマグニチュード6.4の強い地震が発生しました。発生したのは、昨日6日
午前3時57分で大多数の方々が寝ている時間帯です。亡くなられた方もいます。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 安倍首相は、「この困難な時に日本は台湾に必要な支援を何でも供与する用意があ
る」と台湾サイドに伝えたそうです。

地震は、自然災害です。いつどこで発生するか、事前に予測することは大変困難な
ことであるということは理解しております。人間がこの自然の大きな力に逆らってこ
れを止めるというようなこと出来ません。しかし、被害が大きくならずに最小限でと
どめることは出来ると思います。

 地震に対して、備えるということは大切です。

 この地震で住宅が倒壊するということが発生しました。大きな地震だったので仕方
ないのかといえばそうではないようです。

 倒壊した住宅は、1994年に完工したもので、まだそれほど古い住宅ではありま
せん。しかし、倒壊しました。なぜなら、柱に缶が埋め込まれていたりする欠陥住宅
だといわれているからです。

 建物が欠陥であるならば、これほど大きな地震が発生すれば倒壊することもあるで
しょう。これは、自然災害ではなく人災といえます。

 この建物が欠陥でない建築物であったならば、亡くなられる方も少なかったのでは
ないでしょうか。それを考えると残念でなりません。

 住宅の欠陥により多数の人の命が失われました。徹底的な調査をして、欠陥住宅を
建設した関係者の方には、しっかりとした責任をとって頂きたいと思います。

 
 
2016.02.07 Sun l 雑感 l コメント (0) l top
 北朝鮮がミサイル発射したようです。日本をはじめ、国際社会はこの暴挙に強い
反発と、憤りを感じていることでしょう。

 日本もこの対策に時間と費用をかけています。私たちの税金がこのようなことに
使われてしまうということは、大変なムダなことです。

 しかし、対策をしないわけにはいけません。このミサイルが日本に落ちてくるか
もしれないのですから。

 日本では、もしミサイルが発射され、日本に落下の恐れがあれば、イージス艦で
撃ち落とし、もしこれが失敗すれば陸上からPAC3で撃ち落とすと2段構えにな
っているようです。

 この備えで本当に撃ち落とすことが出来て、日本の領土と国民を守ることが可能
でしょうか。現在のところでは、対応可能という認識ですが、もし日本の領土に
落ちるようなことがあれば、日本の抑止力が低下します。

 実際にイージス艦が実戦で撃ち落としたことがありませんので、不安な気持ちは
消えません。

 しかし、撃ち落とすことが出来れば、私のような半信半疑の方々を黙らせること
ができます。もし、日本に落下するような事態が生じたときには、日本の自衛隊の
力を是非とも見せて欲しいものです。

 日本の周辺国には、このような国やあのような国が存在します。日本の国防力を
上げることが出来なければ、日本の国際社会での外交力が弱まります。

 自分の国は、自分で守らないといけません。誰も、日本のために自身を犠牲にし
て守ろうとは考えないでしょう。
 
 北朝鮮は、このことを日本人に気付かせるためにミサイル発射実験を行ってくれ
ているのかもしれません。
2016.02.07 Sun l 雑感 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。