上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 憲法記念日。今日は、憲法記念日です。

 憲法記念日ということで日本国憲法について考えてみたいと思います。

 現在、日本国憲法で国民が関心を持っていると思われるのが、日本国憲法が

改正されるのかどうかということだと思います。

 国民が日本国憲法について、改正した方が良いという改憲派の方々と現在の日本国

憲法は改正しない方がよいという護憲派の方々がおられます。

 日本では、戦後長らく憲法は改正してはいけないという雰囲気があったと思われま

すが、最近では改憲派と護憲派の方が拮抗してきたようです。

 私は、占領期にアメリカが作成した、押し付けられた憲法は改正されるべきだ

と考えております。

 日本には、世界に誇るべき大日本帝国憲法(明治憲法)がありました。この憲法は

日本人が苦労をして作った憲法です。

 日本は戦後70年、現在の日本国憲法が改正されずにきました。日本国憲法を

改正するのは、大変困難です。衆参の2/3の議員と国民の過半数の賛成がなければ

日本国憲法を改正することができません。

 現在の与党だけでは、この議席を確保することが出来ておりませんので、憲法を

改正することが出来ません。この議席数を確保するためにも、次の参議院選挙は

憲法改正という意味で大変重要な選挙となります。

 日本人が自ら、憲法を作る。そんな日が早く来ることを願っています。



スポンサーサイト
2016.05.03 Tue l ブログ l コメント (0) l top
 昨日は、珍しい現象です。

 妻が仕事で、息子の幼稚園がお休み、私も会社が休みという日でした。妻は

週に数回、3時間程度ですが仕事に行く日があります。

 私が休みの日には、必ず休んでくれていたのですが、昨日は月初ということで

どうしても仕事を休むことが出来なかったようです。

 ということで、息子と2人でのお出かけです。良いお天気でしたので、外で

おもいっきり遊ぶのかなと思いきや、東映ヒーローワールドに行きたいという

ので、3時間遊んできました。

 私の会社は、今日出勤日です。休暇ですので、気にしなくてもよいのですが

どうしても気になってしまいます。

 息子を遊ばせながら、パソコンでメールのチェックをしてしまいました。通常

出勤日ですので、メールの数もいつも通り。前月の数字がまとまった形で送信さ

れてきます。

 前月は、営業成績もよく安心していましたので、気持ちに余裕がありましたが

やはり具体的な数字を見るまでは安心できません。

 結果は、予想通りでしたので、安心しました。やはり営業は、数字です。

 努力しても、頑張っても、数字がなければ何もなりません。この数字を達成し

た時の快感は、本当に良いものです。仲間と喜びをあじわうというのは、本当に

幸せなことです。

 息子とも一緒の時間をこんなに長く2人で過ごすことがなかったので、これも

大変幸せな時間でした。

 このGWは、家庭の事情で細かな予定を入れることが出来ませんが、やはり年を

とったのでしょうか。

 3日間も休むと、仕事がしたくてたまらなくなります。あまり長期休暇は今の私

には、あわないようです。

 忙しかったこの数ヶ月、起きている息子に会うことも話すこともあまりなかった

ような気がします。

 この連休は、家族に対してサービスする時間を多く取るようにしなければなりま

せん。私が仕事で頑張れるのも家族のお蔭ですから。


2016.05.03 Tue l お出かけ l コメント (0) l top
 仕事がここ数ヶ月、急に忙しくなりました。春は、毎年忙しいのですがそれにしても

慌ただしい日々が続いています。

 新人君2名も頑張ってくれています。まだまだ、仕事の生産性は低いですが、毎日

一生懸命頑張っています。初めは、誰でも出来なくて当たり前です。しっかりとこの

若い力を本物の力にしていきたいと思います。

 さて、株価の下落が止まりません。どこまでこの株価下落が継続するのでしょうか。

株価に対して、一喜一憂しても仕方ありませんが、景気後退はデフレ脱却がもう少しと

いう所まで来ている日本にとって大きな問題です。

 期待していた、日本銀行の黒田さん。大変残念でした。本当に残念でした。

 市場でも日本銀行に大きな期待をしていたはずです。ところが、4月28日の金融

政策決定会合で緩和が見送りとなってしまいました。

 その後、円が買われて現時点で1ドル106円半ばです。これでは、輸出企業が

影響を受けてしまいます。

 ここ数年安倍内閣発足後、為替が円安に向かうことにより、日本の大手自動車メーカー

のように輸出を中心とした企業は、大きな利益を得てきました。

 もう少しで国民の生活にも良い影響が出てくるというところまできて、ここ数ヶ月の

景気減退です。

 来年度の企業決算からは、前年度までのようにはいかず、厳しい状況になる企業が

多いのではないでしょうか。

 日本銀行と黒田総裁には、もう一度日本の現状をよく見て頂き、一段の金融緩和を

期待したいと思います。


2016.05.02 Mon l 雑感 l コメント (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。