上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 第二次世界大戦後、日本は戦争をすることなく、戦争による戦死者は存在しません。今年は、戦後70年ですが長く平和な日々が続きました。いつまでも、平和を願いたいものです。

 この平和は、日本国憲法によって安定していたのではなく、アメリカ(日米安全保障条約)と自衛隊のお蔭です。特に、アメリカとの同盟により日本は、防衛に対する費用も少なく、経済的に発展することができました。

 長く平和な状態が継続すると、平和であることが当たり前のように思われてきます。実際の国際社会は、弱肉強食の厳しい世界です。教科書に出てくる昔の話しではなく、現在も苦しんでいる国や民族の方はたくさん存在します。

 自分がお花畑の中にいることすら忘れてしまい、そのお花畑も安全ではなくなってきました。お花畑を脅かすことが2つあると考えます。

①日本の周辺国の脅威

②アメリカの国力の低下

 ①は、中国の軍事力の増強です。GDPで世界2位になった中国は、ものすごい勢いで、軍事力を増強しております。また、北朝鮮は核開発を行い、核兵器を保有しており日本を狙うことも可能です。

 ②は、世界の警察であったアメリカの国力の低下です。どこの国でも他国より自国が優先です。自国が弱っている状況で、税金を使って他国のために税金を使うことはしてくれません。アメリカは、民主主義国でもありますので、そのようなことを国民が許すはずがありません。

 お花畑が荒らされそうになった時、どのようにして守るのか。自分たちの生命、自由、財産を守るのかということが、この安保法制で考えなければならないことだと思います。

 集団的自衛権や憲法との関係や閣議決定やなんやと、話題ですが、本当に考えないといけないことを政府も明確に伝えていません。

 一番重要なことは、日本を日本人が守る。この守る時に、血が流れる可能性があるということです。これを日本人が決断しなければならないということが一番重要なことだと考えます。

 私は、現在の政府の安全保障法制には賛成です。日本を守るために、日本人が戦闘に参加しないで、アメリカだけが血を流して、日本を守ってくれるなんてありえません。

 日本人がしっかり考え、決断をしなければならない国際環境になってきました。この状況は、残念なことです。しかし、現実です。現実から逃げても、生命・自由・財産は守ることが出来ません。これからも平和が続くように願いますが、国際環境の変化に対応するために、変わらずに生きていくために、日本人の考え方を変えなければならないときがきたように思います。

 

スポンサーサイト
2015.05.12 Tue l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。