上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 5月17日(日)、大阪都構想の民意が明らかになりました。大阪市民は、この大阪都構想について「反対」の意思表示を行いました。

 私は、大阪市民ではありませんので、この大阪都構想での直接的な生活に影響が及ぶ立場のものではありません。そうした立場ではありますが、大阪都構想に賛成の立場でしたので少し残念ではありあす。しかし、この大阪市民の方々の民意は尊重したいと思います。

【 住民投票の結果 】 

 反対  705,585

 賛成  694,844

 投票率 66.83%


 既存の状態から、何か変化を起こそうとするとき、大変大きな決断をすることになります。これは、身近の生活でもそうです。その現状を変更しても、大阪を変えて欲しいという気持ちにならなかったということでしょう。

 私が心配しているのは、この大阪都構想の結果が今後の中央政界に与える影響です。この影響は、具体的に数値化できるものではありませんが、懸念事項ではあります。
その懸念事項が、①憲法改正 と ②地方分権 への影響です。

 橋本市長は、改憲派であると思います。現在、与党である自民党と公明党だけでなく、そこに維新の党の影響力が加われば、憲法改正に有利なことは、事実です。今回の結果で、維新の党の力が弱まれば、その分憲法改正にマイナスの影響が出るのではないかと懸念しております。

 もう一つは、地方分権への影響です。橋本市長は、地方分権について声を大きくして発言することが多かったと思います。私も国防や教育などの国にできることは、国で行い、身近な生活は地方で行った方が良いと考えております。そのため、こちらに対してもマイナスの影響がないかと危惧しております。

 今回の結果が全く影響ないということも出来ないと思われますが、憲法改正や地方分権に悪影響が出ないことを祈りたいと思います。


スポンサーサイト
2015.05.19 Tue l 政治 l コメント (1) l top

コメント

No title
良かったのか悪かったのか。
よくわかりませんが。。。。

でも、投票率が高かったのは、話題になったって事なんでしょうね。
2015.05.19 Tue l つっちー. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。