上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 来週26日から始まる安全保障関連法案の審議が衆議院で始まります。国民の生命・自由・財産と日本の文化を守るための法案でもあります。野党の大半は、この法案に反対のようです。反対することは結構なことですが、反対のための反対ではなく、なぜこの法案に反対なのか明確にして頂きたい。是非、建設的な議論を期待しています。

 テレビ、新聞などのメディアでも注目されており、さまざま報道されております。その中で、中谷防衛大臣が、「自衛隊員のリスクが増大することはない」と発言されたようです。

 私は、日本の国を守るためにも安全保障関連法案には賛成です。しかし、このような発言をされると、国民をバカにしているのかと憤りを感じます。

 家で寝ていた子供が歩けるようになります。そして、歩いている行動範囲から、自転車を乗ることができるようになり行動範囲が増えたことだと思います。その次に私の場合は、2輪を飛ばしていきなり4輪でしたが、自動車の運転免許を取得しさらに大きく行動範囲が増えました。行動範囲が増えると危険も増加するのは、当たり前のことです。子供も自転車を少し乗れるようになり、東京の狭い道路では怖いなと思うこともあります。

 出来ることが増えてくると親としては、嬉しい反面リスクも大きくなるということです。そのリスクが大きいから、家で寝ていなさいなんて考える親はどこにもいません。

 今回の法案で自衛隊が出来ることが増えます。活動範囲が大きくなれば、リスクも増加するのは当然です。このようなことは、誰でもわかることです。それをリスクが増加しないという中谷防衛大臣の発言は、誤魔化しでしかないと思います。

 この法案は、戦後日本がお花畑から抜ける一歩になる法案だと考えております。リスクは、あります。しかし、このリスクを考えないと、日本の安全は守ることが出来ません。実際、その国の指導者に文句を言えば、自由や命を奪われる国は現在でも世界に存在します。日本もそのような国から侵略される可能性もないわけではありません。現実に日本の領海や領空を脅かしている国や拉致をする隣国も存在します。

 日本の国民は、馬鹿ではありません。この法案の趣旨を丁寧に説明すれば、大半の国民には理解されること間違いありません。リスクがないなどという発言を行うのではなく、しっかりとした政府の説明を期待しております。来週からの国会審議注目です!!




スポンサーサイト
2015.05.24 Sun l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。