上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 今国会では、安全保障法制について議論がされております。これに対して、6月4日の憲法審査会で3人の学者の方が違憲、憲法違反だと見解を示されました。

 この中の憲法学者の中には、自民・公明党の推薦で参考人として来られてい方もおられます。与党の推薦にも関わらず、与党と反対の見解を述べられました。

【 参考人 】

・ 自民・公明党推薦  早稲田大学教授 
  長谷部恭男

・ 民主党推薦      慶應義塾大学名誉教授
  小林 節  

・ 維新の党推薦     早稲田大学教授
  笹田 栄司

 
 このような大切な議論をしている時に与党は、どうして国会審議に影響が出そうな見解を述べるような方を人選したのでしょうか。安全保障法制に影響が出ないようにして欲しいものです。

 そもそも憲法学者の多くは、自衛隊という組織は違憲と考えられている方が多いです。実際、日本国憲法を普通に読めば違憲と誰しもが思うことだと思います。この自衛隊を違憲と考えられている方々ですので、安保法制についても違憲と言われても仕方がないような気もします。

 この中で慶應義塾大学名誉教授の小林先生は、自衛隊についても合憲という考え方を持たれていると思いますので、その面では多くの憲法学者とは、違憲を異にされている方も参加されています。

 与党は、数的有利性から少し緊張感がなくなっていたのではないでしょうか。国民の安心と安全を守る大切な法案について議論されています。緊張感を持って頂きたいと思います。





スポンサーサイト
2015.06.06 Sat l 政治 l コメント (1) l top

コメント

私見ですが
初めてコメントします。
一夢庵 不便斎と申すものです。

自衛隊は合憲か否か。
議論されている安全保障法制が合憲か否か。

客観的に見て『違憲である』と言う結論のほうが出しやすい、論理的に整合性があるという結論になってしまうと思います。

これは、いま議論されている安全保障法制を否定するものではなく、憲法との関係性からの事実であるということです。
一方で、憲法が今の時代においても絶対的に正しいかと言うことは別問題です。また、憲法が改正されることが異常なことかどうか、世界規模で検証する必要があると思います(個人的には定期的に見直されないほうが異常)。

このあたりを踏まえて、この人選を考えた時に、私は妥当なのではないかと思うのです。

①違憲=悪 というヒステリックな議論を避ける

②意図の見える人選では『数の論理』などと言う批判にすり替えられる可能性がある

③憲法が今の国際情勢には合わないことを論点に据える


などと考えてみた結果の私見ではありますが。

ただ、野党の論調やマスコミが流す情報は、年々レベルが低くなっているのでまともな議論が成り立つかどうか。
そこが真の争点ではないかと感じる次第です(この点は『労働者派遣法改正案』に関する民主党の顛末を見ればよくわかります)。
2015.06.14 Sun l 一夢庵(M2)不便斎. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。