上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 平日に妻が投げて、それを打つということで野球を初めて体験しました。それを聞いて、週末を楽しみにしていました。私も息子と野球をやってみました。

 妻には、何十回も空振りをして全然当たらないと聞いていました。初め、2回投げたのですが当たりません。投げるといっても、1mくらいのところから、トスをしているだけです。

 ボールが来てから振っているので、振り遅れて空振りになっていました。そこで、「振れと言ったらふるんだよ」と言ったところ、その後はほとんど全部、当たりました。

 大変興奮して、息子は大喜びです。そして、振れと言わなくなるとまた、空振りの連続です。

 調子よく、バッティングをやっていたのですが、少しずつ飛ぶ距離も大きくなって来ました。人がいないところということで河川敷でやっていました。バットに当たっても、スポンジの柔らかいボールなので、せいぜい10m以内しか飛びません。それほど心配していなかったのですが、一打会心の当たりが出てしまいました。やばいと思い、全力でそのボールを追ったのですが残念でした。

 打った本人は、大喜びですが転がったボールは川に落ちてしまいました。その瞬間、大泣きが始まりました。ボールを拾いに行くというのですが、高くてとても取ることが出来ません。数分間、ボールの行方を追っていたのですが、とうとう見えなくなってしまいました。
 
 そのボールに愛着があったようですので、残念でしたが新しいボールを買いに行くということで納得してもらいました。

 新しいボールを買って、次は川に落ちないように公園で練習をしました。色は違いますが、同じようなボールがありました。今度は、ホームランを打ってもよいように、3球購入をしました。これで、安心して練習をすることが出来ます。

 色々とありましたが、週末の野球はとても楽しむことが出来ました。体力的には、厳しい面もありますが、こういう週末を過ごすことが出来ると、また来週からも厳しい仕事をがんばる気持ちになります。息子に感謝しなければなりません。




 
スポンサーサイト
2015.06.07 Sun l 家族 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。