上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 肺炎での入院生活は、とても貴重な経験でした。3週間という長い時間を病院だけで過ごし
ました。なかなか頻繁に経験できることではありませんので、学ぶことも多いものでした。

【入院時の1日の生活】
 6:00     起床

 6:30頃    検温 、 採血 、 血圧測定 、 血中の酸素濃度測定 、 胸の音確認

 7:00     暖かいお茶を入れて頂く

 7:30     朝食

 8:00頃    先生の回診

 9:00     レントゲン ( 無い日もある )

11:30     暖かいお茶を入れて頂く

12:00     昼食

17:30     暖かいお茶を入れて頂く

18:00     夕食

21:00     消灯

( 食事 )  

 栄養士さんが考えたメニューで健康的な食事を1日3食とること
が出来ました。

( 院長先生の回診 )

 1日1回、必ず院長先生の回診がありました。2~3分くらいのもの
で、それほど長い時間お話しするということはありませんでした。

( 消灯 ) 

 普段の生活で21:00に布団に入るということは、まずありません。
仕事で遅くなる時には、まだ仕事をしている時間です。入院時は、この
時間でも体が弱っているということもあり、朝の起床時間である6:00
まで眠ることができました。
 ただ、夜でも看護師さんが点滴を変えに来ますので、その度に最初の
頃は起きていました。慣れてくると、それも気にせずに熟睡することが
できました。

( 点滴 )

 1日に約2リットルの点滴を行います。看護師さんは、点滴が無くなる頃
に呼ばなくても来て、交換してくれました。たまに忙しい時もあるようで
こちらから、「点滴がなくなりました」とナースコールをしないと交換に来て
くれないこともありましたが、そのようなことはほとんどありませんでした。

( 入院生活 ) 

 入院生活は、ほとんど寝ているだけです。起き上がって歩こうとしても
最初の頃は苦しいので、動くことが出来ませんでした。また、歩くにも
足に力が入らず、フラフラしてしまいますので、動きたくなかったという
こともありました。

 体は、毎日妻に拭いてもらいました。水・土曜日には、介護士さんが
拭いてくれました。ただ、洗髪だけは5日に1回でしたので、これだけが
少しつらいことでした。

 水を使わないシャンプーも使用しましたが、これも1回だけであれば
ある程度の爽快感をあじわうことができます。しかし、これを2回行って
も爽快感をあじわうことは、できないと思います。

 この水を使わないシャンプーは、重宝しました。あまり使う機会もない
と思いますので、是非1度お試しください。












スポンサーサイト
2015.12.04 Fri l 健康管理 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。