上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 政府が補正予算で65歳以上の低所得の年金受給者に3万円程度を
給付
するそうです。この給付で低迷している個人消費を喚起し、景気の
底上げを図る目的があるようです。

 この他、2015年度補正予算案は、総額は3.3兆円になるようです。
この補正予算で現在の景気状況から、改善が見込めるのでしょうか。改善
されるのであれば良いのですが。

 政府・与党は、なぜ65歳以上に給付金を行うのでしょうか。

低所得者は65歳以上の方だけでは、ありません。65歳以下の方でも
低所得で生活に苦労をされている方は、たくさん存在していると思われます。

 これは、来年の参議院選挙があるからだと思われます。選挙は、20代
30代の若い世代よりも、60代・70代の方の方が投票率は高いです。
選挙のことを考えれば、同じ3万円を給付するにしても、高齢者の方が
票になる
のです。

 過半数を握らなければ、政権を得ることが出来ません。権力を握るため
には、選挙での得票を他候補よりも1票でも多く得る必要があります。
当然、日本の政府・与党(自民党・公明党)は、票になりやすいところに
給付するのは、当然です。

 権力がなければ、どのような素晴らしい政策を立案してもそれが国会で
通りません。政治家として政策を実現するためには、やむを得ないことだ
と思います。

 現在の投票率では、いつまでたっても高齢者を見た政治が行われます。
もちろん、高齢者を無視した政治が行われるということは、全くおかしな
ことです。

 日本の政治が、若い人にも目を向けさせるためには、若年層が選挙で
投票することが大切です。若い世代の投票率を上げることが重要です。

 若い人の意見も反映されるような、若い世代がもっと生きやすいような
政治が行われてほしいものです。

 これは、政府・与党(自民党・公明党)も望んでいることであります。出生率
を上げるということは、若い人達が結婚して、子供を産み育てるということです。

 実際に子供が欲しいが、とても経済的に二人目、三人目育てられ
ないという方は、たくさんおられると思います。出生率が上がれば、福祉や
年金の安定した財源を確保することにもつながります。そうすると、高齢者の
方のためにもなります。

 政治に興味がないとか、私の一票でどうなるものではないという声も聞くこと
がありますが、そのようなことを言っても何も変わりません。

 若い人達に目を向けられるよう、選挙に行きましょう!!


〈低所得高齢者に3万円、来春にも支給 補正3.3兆円詳細〉
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS07H4O_X01C15A2PP8000/


スポンサーサイト
2015.12.08 Tue l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。