上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 


 『 ノルウェイの森 』 で初めて、村上春樹さんの作品を読みました。特別、村上春樹さん
の作品にのめりこんでしまったということはありませんが、何となく他の作品が気になり
人気、評価の高いこの 『 海辺のカフカ 』 を読みました。

 この作品を読んでさらに、村上春樹さんの作品を読んでみたくなりました。村上春樹さん
の作品は、なんだか人を引き付ける魅力がありますね。

 文章を読んでいると描写が大変素晴らしく、私の中で簡単に情景が浮かんできます。
例えば、鉛筆一つを表現するにしても、恐らく私と他の方が想像する鉛筆はほとんど
同一のものを思い浮かべるのではないかと思います。

 このような素晴らしい文章を書くことが出来るということは、うらやましいことです。私の
仕事は、営業職でがメールや報告書、稟議書、提案書など多数の書類を作成する
機会が多いのですが、文章の内容で同じことをするにしても全く相手への伝わり方が
ことなることがあります。採用、不採用も文章力で異なることもあります。文章力という
のは大切な表現の一つだと再認識させられます。

 この作品では、15歳の少年が家出をするところから始まります。家出でをしてどこに
いくかと言いますと、四国の高松に行きます。高松では、図書館に住み込み生活をして
行きます。
 図書館では、不思議な経験を経て、実の母に会い母から愛されていることを自分自身
で認識し、成長していきます。
 人物も大島さん、さくらさん、猫と話しのできるナカタさん、佐伯さん、ホシノさんなど
魅力的な人物が搭乗してきます。読み進めていくと、時間を忘れて読書をしてしまうと
いう作品です。

 15歳の少年がさまざまな不思議な経験を通して成長していく作品ですが、何だか
前向きな気持ちになっていく気がします。

 妻にも紹介をしましたが、数年前に読んだときよくわからないから途中で読むのを
止めてしまったと言っていました。

 個人的な感想ですが、この作品は全体を読み終えないと全てを理解することは
できないのではないかと思います。あまり細かいことを気にせず、淡々と読み進め
読み終わったときには、そのわからないと感じたことは解決されていると思います。

 私がどこまで理解ができているかわかりませんがこの作品、読書後何と
表現して良いかわかりませんが、充実感のようなものがあります。

 さまざまな思いを巡らすことが出来るというのも、この作品の魅力なのだと
思います。

 これまでの2つの作品だけでなく、他の作品もあじわってみたくなりました。既に
次の作品も決めています。

 次の作品は 『 世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド 』です。これもこの
作品が村上春樹さんの読者のおすすめというだけで、それ以外の理由はありません。

 この 『 海辺のカフカ 』と同様に魅力的な作品であることを期待して、本の到着を
待ちたいと思います。







スポンサーサイト
2015.12.09 Wed l l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。