上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 紆余曲折ありましたが、新国立競技場のデザインがA案に決定しました。

 前回の案でも当初は、それほど大きな金額ではなかったのですが
時間の経過と共に少しずつ金額が大きくなっていきました。

 今回の案は、1,489億9,993円となっており、大きな金額です。この
金額がさらに膨れるということにならないように政府には対応して頂きたい
ものです。

 この金額も他国の競技場建設費と比較して、かなり高くなっていますね。
オリンピックのスタジアムとしては、突出しています。

・ ロンドンオリンピック(2012年) 総工費 約930億円

・ 北京オリンピック  (2008年) 総工費 約510億円

・ アテネオリンピック (2004年) 総工費 約210億円

・ シドニーオリンピック(2000年) 総工費 約550億円

 一概に単純比較はできませんが、日本の国立競技場はずいぶん高い
なという印象はあります。

 しかし、決定したことですからこの決定を尊重して立派な競技場になる
よう応援したいと思います。
 


 個人的には、B案の方が良いかなと考えていたので、少し残念ですが
特別な意図もありませんので、A案で決まったなら日本のナショナル
スタジアムとして、世界に誇れる競技場にして頂きたいですね。

 この入札は、A案とB案の2つの選択肢の中で決められたものですが
この2案の金額が数億円の差です。考えすぎなのかもしれませんが
同じものを作るにしても金額がここまで接近するかなと不思議に思い
ます。ましや、今回の2案は全く異なるデザインのものです。

 あまりかんがえたくないですが、決定に何らかの意思が含まれていない
ことを願いたいと思います。

 木と森のスタジアムというのは、どのような競技場になるのでしょうか。

 完成図が新聞などに掲載されていますが、自然とは全く相いれない
建造物を自然と調和させようといるように見えます。

 今から、完成した新国立競技場に訪れることを楽しみにしています。

 そして、日本で開催されるオリンピックが成功するように、自分が出来る
ことで協力をしていきたいと思います。


 

 
スポンサーサイト
2015.12.24 Thu l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。