上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 今日から第190通常国会が始まりました。

 今回の通常国会も外交(韓国との合意問題)、来年度
の消費税10%に増税時に実施する軽減税率などたくさ
んの問題が議論されることが予想されます。

 今年の政治を考える時、最も注目されるのが7月25日
で任期満了をむかえる参議院議員選挙です。

 この選挙に政治家の方々は、今年最も注目していること
の一つだと思われます。

 私もこの選挙には、大変興味があり注目をしております。

 ではなぜ、この選挙に注目しているのか。

 それは、この参議院議員選挙が今後の日本の方向性を大き
く変えることになるからです。

 戦後体制を打破するきっかけになるかもしれないのですか
ら注目しないわけにはいけません。

 この選挙で自民党、公明党におおさか維新の会で過半数は
もちろん2/3の議席を取ることができたならば憲法改正を
国会で通すことが出来ます。

 待ちに待った憲法改正が現実味を帯びて来ました。

 憲法改正です。

 現在の日本国憲法は、ご存知の通り日本がアメリカの占領
下でアメリカ人によって作られた憲法です。

 この時の主権は、天皇でも国民でもありません。主権は
アメリカにありました。

 憲法の中身も現実と憲法の条文があわない箇所やおかし
な部分もあります。

 日本人が日本人の手で憲法を作ることができるのです。

 こういった意味で私は、今年の参議院議員選挙に興味を
持っております。

 当然、国会議員だけで憲法を改正できるわけではありま
せん。

 国民投票で過半数の国民の同意も必要です。

 日本人もこの憲法がおかしいと多数の人が考えていること
だと思います。

 憲法が早期に改正されるように今年は、私も出来ることを
頑張っていきたいと思います。



スポンサーサイト
2016.01.04 Mon l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。