上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 アメリカで相次いでいる、銃による事件ですが
一般人の方々は、安心して暮らすことができない
のではないかと思います。

 ここにきて、オバマ大統領も銃規制の必要性を
訴えるようになりました。

 ナイフも人を殺傷する武器となりますが、銃は
短時間で大量の殺傷をすることが可能です。

 これを何の規制もなく、自由に所持できるとい
うことは、大変危険なことです。今回、オバマ大
統領が銃について規制が必要と考えるようになっ
たのは、このような危険をアメリカという国から
無くしたいと考えるものです。

 では、このようにオバマ大統領のように銃を
規制しなければならないと考える大統領がこれま
で存在しなかったのでしょうか。

 実際に具体的な規制に踏み込むことはなかった
ようですが、その危険については認識があったと
思います。

 しかし、銃の業界団体による圧力とそれに対す
る反発により、自身に危険が及ぶと考える方がお
られたのではないでしょうか。

 業界団体からの圧力は、議員にとっては効き目
があります。議員は、選挙で当選しなければその
身分を剥奪されます。
 
 また、銃を規制するなどというとそれに反発す
る勢力から、命を狙われるかもしれません。

 このようなことからこれまで、アメリカでは銃
に対する規制は行われなかったのではと思います。

 銃規制に反対する人は、一般人の中にも存在する
でしょう。

 アメリカの治安は、日本と同等ではないと思われ
ます。貧富の差も日本以上に激しく、治安に不安を
持つ人には、自分を守る自衛措置として、銃を所持
するという選択が正しいと考えること人もいるで
しょう。

 しかし、銃が存在する以上は、これからも銃によ
り、何の罪もない人々がある日突然、命を落とすと
いう危険がこれからも継続します。

 今回のオバマ大統領は、銃規制を訴えることによ
り、これからも強い反発も起こるでしょう。今年は
大統領選挙もあり、アメリカの民主党には不利にな
ることがあるかもしれません。

 そのような反発があっても、銃を規制するように
強い意志により実現して頂きたいと思います。

 アメリカに銃がない社会が実現することの一歩に
なるように応援して頂きたいと考えています。
スポンサーサイト
2016.01.14 Thu l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。