上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 衆参ダブル選挙について、さまざまな所で発言
がされています。

 与党は、これまでの2回のダブル選挙が良い
結果であったことと現在の安倍内閣の支持率を
考えれば、ダブル選挙もそう悪いことではない
と考えるでしょう。

 一方、野党はまとまりがなく、第一党である
民主党もだらしない状況で、とてもダブル選挙に
有利とは言えません。

 安倍内閣の現在の支持率は、野党がだらしない
ことが有権者から、選択肢がないので安倍内閣を
支持するという方も多いと思います。

 確かに今、安倍首相以上に首相に相応しい野党
の議員は存在しないと思います。

 強い野党で自信があったら、衆参ダブル選挙と
いったら、衆参で同時に議席を増やすことのでき
るチャンスなのですから、喜ぶべきことではない
でしょうか。

 こういったことからも、野党は自分達の存在や
政策が、国民から支持されないと理解しているも
のだと思います。

 もちろん、野党にはダメな議員ばかりとは考え
ません。野党にも私が応援している議員の方は
存在します。

 長島昭久さん、金子洋一さん、和田政宗さんな
どは、大変立派な議員で与党ではありまえんが
応援しております。その他にもたくさん立派な方
はおられます。

 このような立派な方々がいるにも関わらず、国民
からの期待は低いです。

 民主党でいえば、立派な議員はどちらかというと
隅に追いやられているような感じがします。これら
の方々が、党を引っ張っていくようにならなければ
この党がもう一度政権を狙うことが可能な国民から
の支持を得ることはないでしょう。

 やはり、自民党だけでなくそれに対抗が出来るも
う一方の選択肢があってこそ、議会制民主主義は
成熟をしていきます。

 現在の状況であれば、民主党には期待することが
出来ませんが、自民党に対抗することができ、政権
選択選挙ができるような強い野党が出現することを
願います。


スポンサーサイト
2016.01.15 Fri l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。