上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大日本帝国憲法  と  日本国憲法

 大日本帝国憲法は、軍国主義 ・ 日本国憲法は、平和主義などと戦後間違った認識あります。しかし、意外にもこの2つの憲法には、共通点も多いです。


大日本帝国憲法大日本帝国憲法
(2012/10/01)
日本国

商品詳細を見る



日本国憲法日本国憲法
(2012/10/01)
日本国

商品詳細を見る



【  共通点  ①  】

国際社会への入構資格

 大日本帝国憲法  :  西欧列強に対抗

 日本国憲法     :  戦後復興 、 国際社会への第一歩


【  共通点  ②  】

改正のタブー視(神聖化)

 大日本帝国憲法  :  不磨の大典

 日本国憲法     :  平和憲法


【  共通点  ③  】

改正が困難(硬性憲法)

 大日本帝国憲法  :  天皇の意思がないと変えられない

 日本国憲法     :  衆議院、参議院の2/3と国民投票の過半数


【  共通点  ④  】

外国人の関与

 大日本帝国憲法  :  ロエスエル 、 ボアソナード 、 シュタイン

 日本国憲法     :  GHQが草案を書く


【  共通点  ⑤  】

「 条文 」 と 「 運用 」の乖離

 大日本帝国憲法  :  天皇大権   →   委任

 日本国憲法     :  戦争放棄   →   自衛隊の存在
                私学助成金  →   違憲


その他にもあると思いますが、意外とこの2つの憲法には共通点が多数ありますね。

 私は共通点ではなく、この2つの憲法の大きな違いは、

 大日本帝国憲法  :  日本の歴史、文化、伝統を重視

 日本国憲法     :  日本の歴史、文化、伝統を無視

しているところが、大きな違いだと思います。

 日本国憲法の改正が現実的となってきました。日本の憲法を外国人が書いたもの
ではなく、私達日本人が考え行動をすることにより、決めることが出来ます。

 
 憲法改正に賛成、反対とさまざまな意見があっても良いのですが、日本人が憲法を
考える良い機会です。私達の未来の世代や大国である日本の憲法は日本だけでなく
世界にも影響を与えることになります。


 もう一度、しっかりと考え憲法改正するための国民投票に備えたいと思います。

















スポンサーサイト
2015.02.27 Fri l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。