上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 憲法記念日。今日は、憲法記念日です。

 憲法記念日ということで日本国憲法について考えてみたいと思います。

 現在、日本国憲法で国民が関心を持っていると思われるのが、日本国憲法が

改正されるのかどうかということだと思います。

 国民が日本国憲法について、改正した方が良いという改憲派の方々と現在の日本国

憲法は改正しない方がよいという護憲派の方々がおられます。

 日本では、戦後長らく憲法は改正してはいけないという雰囲気があったと思われま

すが、最近では改憲派と護憲派の方が拮抗してきたようです。

 私は、占領期にアメリカが作成した、押し付けられた憲法は改正されるべきだ

と考えております。

 日本には、世界に誇るべき大日本帝国憲法(明治憲法)がありました。この憲法は

日本人が苦労をして作った憲法です。

 日本は戦後70年、現在の日本国憲法が改正されずにきました。日本国憲法を

改正するのは、大変困難です。衆参の2/3の議員と国民の過半数の賛成がなければ

日本国憲法を改正することができません。

 現在の与党だけでは、この議席を確保することが出来ておりませんので、憲法を

改正することが出来ません。この議席数を確保するためにも、次の参議院選挙は

憲法改正という意味で大変重要な選挙となります。

 日本人が自ら、憲法を作る。そんな日が早く来ることを願っています。



スポンサーサイト
2016.05.03 Tue l ブログ l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。