上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
大人らしさって何だろう。大人らしさって何だろう。
(2014/12/05)
大網 理紗

商品詳細を見る


【 本をよむきっかけ 】

会社でおじいちゃんと呼ばれている人に紹介してもらう。

【 目次 】

第1章   習慣を変える
第2章   人付き合いを変える
第3章   プロフェッショナルになる
第4章   話し方を変える
第5章   大人のたのしみ
第6章   人生に奥行きを持たせる
第7章   価値観を問う
第8章   転機の迎え方

【 感 想 】

 あなたは、大人ですかと問われれば私は、大人ですと答えます。日本人は、法律(民法第4条)により20歳以上の者を大人と呼んでいます。
 この本では、そのような法律的な大人ということではなく、今の自分は大人だろうかという疑問を提示し、自身が日本航空やホテル、ロイヤルファミリー、政府要人といったVIPを見てきた経験から、大人とはどういう考え方、行動を行うのかということを考えられています。

 特に目新しいようなことは書かれていません。これまでにもさまざまな本や社員研修などで聞いたようなことが書かれています。でも、この本はそういったそのような大人の振舞いについて、再度考えることが出来ます。

 自分の日々の行いが本当に大人といわれるのに相応しいかとこの本に書かれていることを読みながら考えますと疑問です。頭では理解しているけれど、それを行動に移せていないということも多々ありました。

「自分が幸せなときは、誰だって人にやさしくできる。本当にやさしい人は、自分がつらいときでも人にやさしくできる人なのよ」 
 私は、自分が忙しいときや日々の業務で問題が発生したとき、つらいときに周囲の人にやさしく慣れているだろうか?
など、8章にわたり40項目の大人と言われる方と自分を比較しながら読みました。

 この本でいう大人には、私はまだまだ不足しております。読んでいて、恥ずかしくなる思いもしました。少しでも、大人と自分でも周囲からも思われるように精進し、この本に書かれている内容を実践していきたいと考えております。
 
 知っていることを再度認識することは、大切だと思いまいた。日々の忙しい仕事や生活の中で、自分を見つめ直す時間が存在しているかというと、なかなかそうのような時間が取れていません。そのようなときに、この本を読んで今後も自分を見つめ直すことができればと思います。



大人らしさって何だろう。大人らしさって何だろう。
(2014/12/05)
大網 理紗

商品詳細を見る


 
スポンサーサイト
2015.03.14 Sat l l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。