上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ポスター ヨーロッパ地図 PP-32113ポスター ヨーロッパ地図 PP-32113
()
トライエックス

商品詳細を見る



 軍事力という力を行使して併合した、ウクライナ南部のクリミア半島を鳩山由紀夫元首相が訪問しました。ここは、日本政府や欧米諸国がロシアの行為について、国際法違反としている地域です。このような所に影響力のある日本の元首相が行って肯定的な発言をすれば、世界に対してロシアを日本が承認をしているのではないかという間違ったメッセージを送ることになるかもしれません。

 この方がおかしいことは、もう誰でも気づくことです。軍事力を背景に現状を変更するような行為は許すことができません。欧米からの見方しか報道が行われることがなく、ロシア側からもこの問題を考えることも重要ですが、それでもこの問題を考えるとき、武力を背景にしているという点で、ロシアが国際社会から非難されても仕方がないと思います。

 しかし、この鳩山由紀夫さんを首相に選んだのは、日本国民です。日本国民が投票行動でこの人を首相に選んだのです。福澤諭吉は、「この国民ありて、この政治あり」というように、国民のレベル以上の政治が行われることがないと言っています。つまり、この鳩山由紀夫さんという政治家を首相にするということは、国民もそのレベルということです。

 日本国民が過去にこの方を首相に選んだことを猛省しなければなりません。国民が二度とこのような首相を選ばないというレベルに引き上げる必要があります。私も自分のレベルを上げることにより、日本の政治のレベルが少しでも上がるように精進したいと思います。

スポンサーサイト
2015.03.15 Sun l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。