上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
経済で読み解く大東亜戦争経済で読み解く大東亜戦争
(2015/01/24)
上念 司

商品詳細を見る



【 目 次 】
まえがき ~なぜ今、「大東亜戦争」を学ばなければならないのか

序章  【 経済と戦争の相関 】 
     「経済」がわかれば、「戦争」がわかる!

第一部 【第一次世界大戦までの世界経済の動向】
     「金本位制」が世界経済を成長させ、そして、奈落に突き落とした・・・

第二部 【第一次世界大戦の明暗】
     凋落するドイツとフランス、台頭するアメリカと日本

第三部 【第二次世界大戦前夜の日本経済】
     日本はなぜ「大東亜戦争」に突入したのか

終章  【日本の戦後復興】
     焼け野原から「高度経済成長」を成し遂げた奇跡の国・日本


 日本だけでなく、どこの国でも経済が悪くなれば、失業者が増え、治安も悪くなります。人々も将来に対して自信がなくなり不安になることでしょう。人々の生活は、困窮します。この本では、経済という観点からどうして日本が大東亜戦争に突入していったのかということがよくわかります。経済政策を間違うということは、このように大変な惨事をもたらすことになります。日本は、二度とあのような歴史を繰り返さないためにも、この日米開戦時の経済政策の失敗を学ぶ必要があると思います。また、デフレがどのくらい経済に悪影響があるのかということについても詳しく書かれており、大変参考になりました

 現在の安倍政権も経済に力をいれています。株価は、上昇を継続していますが、私たちの生活が著しく向上したという実感を味わうところまで行っていません。今後、効果もあらわれてくると思いますので、経済のみならず、安倍さんが目標としている、政策にも期待をしたいと思います。


経済で読み解く大東亜戦争経済で読み解く大東亜戦争
(2015/01/24)
上念 司

商品詳細を見る
スポンサーサイト
2015.03.27 Fri l l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。