上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 産経新聞のニュースで大変驚きました。

http://www.sankei.com/west/news/150402/wst1504020016-n1.html
産経新聞

「国立大学法人・奈良教育大付属中学校(奈良市)の入学・卒業式で、国歌斉唱が行われていないことが1日、学校などへの取材で分かった。式典では生徒らを着席させた上で「君が代」の曲のみを流していた。国は平成11年に国旗国歌法を制定し、学習指導要領でも国旗掲揚と国歌斉唱の指導を明記しているが、同校は過去十数年間にわたり、入学・卒業式での国歌斉唱を実施していない。教員養成機関でもある教育大のあり方として議論を呼びそうだ。」

 産経新聞によると起立していたのは、校長と副校長、大学側は学長と副学長で、生徒2人と保護者2人も起立していたようです。

 将来の日本を担っていく若者に対してこの学校は、どのような教育をしているのでしょうか。恐らく、学校で起立をしにくい、また起立してはならないというような教育が行われていたのでしょうか。残念です。

 日本の「君が代」という国歌がどのような歌なのか、どのような意味があるのかも、この学校の生徒は理解できていないのでしょう。

 日本にいるだけなら、将来ただ恥ずかしいだけですむと思います。現在は、国際化の中で日本にいて、日本人と接しているだけでは仕事をすることが出来ません。

 今後日本人が海外で活躍していかなければならないなかで国歌も知らないということでは、馬鹿にされるだけでは良い方ですが、相手にされません。また、そのような人間は信用もされません。もちろん、どのような立場であっても、仕事はうまくいくはずがありません。

 この学校では、日本の建国についても教えていないと思いますので、生徒は日本という国がどのようにしてできたかも理解できていない人が多いのではないでしょうか。国立学校でこれですから、本当に日本は将来大丈夫かなと心配になります。私たちの税金で運営されている国立学校には、もう少ししっかりしてもらいたい。

 しかし、このような中でも2名の生徒が自主的に起立をしたそうです。日本の若者の中にもしっかりと勉強をしている方がいることは非常に良かったと思います。もっとこのような若い方が増えていくよう、私も自分に出来る範囲内で日本の国とその良さを伝えていきたいと考えております。

 
スポンサーサイト
2015.04.05 Sun l 雑感 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。