上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
晴天の松陰神社

001.jpg

 大河ドラマの影響ということではありませんが、お天気だ良かったので松陰神社に家族と行ってきました。車で行きましたがこんな良いお天気なので、人が多いだろうと思い、神社の無料駐車場は諦め、100mくらい離れた有料駐車場にとめました。一番近くの有料駐車場より半分の金額でしたので、良かったと思いましたが、神社の無料駐車場はガラガラでした。


 鳥居をくぐると左側の掲示板に「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり。上杉鷹山」と書かれたポスターが掲示してありました。妻と二人で、うんうんとうなずいてしまいました。確かに、出来ない人は何かをやる前から、それは無理だ、その年齢では無理だなど、出来ないことばかり言って、どうすれば出来るか考えない人だと思います。松陰神社で上杉鷹山の有名な歌を見るとは思いませんでしたが、自分の心に刻みたいと思います。松陰神社は、すごいですね。わずか数メートルで考えさせられます。


 もう少し進んで今度は、右の方の黒板に、2月先生の言葉とあり【妹千代宛書簡より一節(安政元年 野山獄中)】 
 「凡(おおよ)そ人の子かしこきも おろかなるもよしもあしきも、大てい父母の教へによる事なり。就中(なかんずく)男子は多くは父の教えを受け女子は多くは母の教えを受くることまた其(そ)の大がいなり。(中略)
 然れば子の賢愚善悪に関(あずかる)所あれば母の教えゆるがせにすべからず。」
 と書かれていました。

 子供は、学校や先生や他人のせいではなく、親がしっかりせねばなりません。背筋がピンと伸び、これについても夫婦共々、再度心を新たにした次第です。

 【 参拝の後、松下村塾 】が模されたものが、ありました。

005.jpg

 映像や写真では、何度も見たことがありましたが、このような所で幕末の志士が日本のことを考え、若い人達議論していたと思うと、何だか自分自身が恥ずかしくもなります。自分もまだまだ頑張らねばなりません。

 【 松下村塾での教育 】
006.jpg


 松下村塾聯(れん) ( 松下村塾の床の間に掲げられていた言葉 )
 万巻の書を読むに非(あら)ざるよりは、寧(いずく)んぞ千秋の人たるを得ん、一己(いっこ)の労を軽んずるに非ざるよりは、寧んぞ兆民の安きを致すを得ん。 
 大意 : 多くの書物を読まずに、どうして将来語り継がれるような人になり得るだろうか。
       自分の労苦をいとう者にどうして人々の安らかな生活を築くことができようか。決してできない。

 萩の松本村にあったということで松下村塾と名付けられた塾で1856年8月頃から1858年末までの2年半程の期間、松陰先生は熟成に教育を施しました。

 教育の目的は  「 君臣の義 」       ( 君主と臣下の間で守るべき正しい道 )
            「 華夷の弁 」       ( 日本と外国との違いを明確にすること )
            「 奇傑非常の人 」    ( 人並み外れた優秀な人材 )


を育むことでした。身分に関係なく誰でも入塾でき、先生は塾生それぞれをよく観察、記録し、そこで気付いた大切なことは手紙にして渡しました。先生が手を加えて正していく教育ではなく、自分で気付かせ、個性を生かす心の通い合う教育でした。塾で学んだ熟成は総勢90名前後と言われており、彼らの活躍あって現在の日本があるのです。

 松下村塾で感激して最後に、吉田松陰先生のお墓もありましたので、お墓参りをして帰ろうとした所お墓の前に鳥居がありました。珍しいですね。明治になるまでは、お墓に鳥居があってもおかしくなかったそうですが、明治維新の神仏分離令で特別な場所を除いてお墓から鳥居が取り払われたそうです。現在の私達の感覚からいうと珍しく見えます。写真撮影するの忘れました。ごめんなさい。是非吉田松陰先生のお墓参りをして下さい。

 今日は、たくさん勉強になり、自分の身を引き締める日になりました。明日からではなく、今から吉田松陰先生の教えをしっかりと胸に刻み精進したいと思います。
 
 もし、吉田松陰先生に興味のある方は、是非『留魂録』を読んで頂きたいと思います。吉田松陰先生の「死生観」が書かれています。非常に学ぶことが多いです。直訳してしまうとわかりにくい文を現代語訳で、わかりやすく「余話」とされる編訳者の補足、雑談もあり非常に面白いおすすめの本があります。

 ・編訳者 松浦 光修 『 「 新訳 」 留魂録  吉田松陰の「 死生観 」 』  PHP研究所  2011年
[新訳]留魂録[新訳]留魂録
(2011/10/25)
松浦 光修

商品詳細を見る

    
ー 松陰神社 -
 🏣154-0023
  東京都世田谷区若林4-35-1  TEL.03-3421-4834   FAX.03-3418-7111
  URL http://www.shoinjinja.org/
  

  アクセス(電車の場合)
  東急世田谷線松陰神社前駅下車、松陰神社通り商店街を北へ。徒歩3分。


 

スポンサーサイト
2015.02.15 Sun l お出かけ l コメント (2) l top

コメント

為せば成る〜
こんばんは。初めまして。

うつのため、社会からしばし遠ざかっている人間の稚拙なブログを
度々訪れていただき恐縮です。

ときに、為せば成る〜の歌は上杉鷹山より以前に武田信玄が詠んだ
歌がございますがご存知でしょうか?

「為せば成る為さねば成らぬ成る業を 成らぬと捨つる人のはかなさ」

上杉鷹山は信玄のこちらを替えて詠んだものだと言われておるように
記憶しております。

多少ニュアンスは違いますがどちらも素晴らしい歌です。

鷹山は家臣に読んだ歌だとされていますね。
信玄の方はちょっと分かりませんが。

ただ、いずれもその時の情景が目に浮かぶような気がします。

季節の変わり目ですし社会人の方にあっては、まこと楽しみな
GW.かと存じますので、お体にはお気をつけくださいますようm(_ _)m
2015.05.01 Fri l @wacky_k. URL l 編集
こんばんは
こんばんは。
興味深いコメントありがとうございます。
勉強になりました。
2015.05.01 Fri l hibimanabu2675. URL l 編集

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。