上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 読売新聞によると上西小百合衆議院は、除名処分にされたそうです。

分裂後の維新の党は、あまり好きではありません。税金の無駄遣い

について、取り組まれているにも関わらず、上西議員の行動を許すよう

では、この党はもうダメだと思っていましたが、賢明な判断をされたと

思います。

 この議員を選んだのも国民です。国民のレベルでしか、政治が行われ

ないと福澤諭吉が言っているように、こんな議員が選出されるということ

は、私達国民のレベルがそんなものだということです。

 このような議員が出るたびに、国民のレベルがまだこんなものかと私を

含めレベルの低さに悲しくなります。

 一身独立して、一国独立する。私も間違った人に投票をしないよう

しっかりと候補者を見る目を養う必要があることを気づかせてくれました。


読売新聞記事

「維新の党は5日、上西小百合衆院議員について、党紀規則に基づき除名処分にしたと発表した。衆院会派からの除籍処分も決め、近く衆院に届け出る。

 上西氏が3月12日に体調不良にもかかわらず知人議員と会食し、翌13日に2015年度予算案を採決する衆院本会議を欠席したことなどに対し、「国会議員としての責任感を欠く」と判断した。同党の地域政党「大阪維新の会」も4日に、上西氏の除籍を発表している。

 党執行部は当初、議員辞職を求めたが、上西氏が受け入れなかったため、4日夜の党紀委員会で処分を決めた。松野幹事長は5日、大阪市内で記者団に「身を切る改革を訴えている党として、議員の規律に厳しく対応する。統一地方選で戦う同志への影響を考え、苦渋の選択をした」と述べた。

 上西氏は5日、「初心に帰って無所属議員として一から出直す覚悟だ」とのコメントを発表した。」

スポンサーサイト
2015.04.05 Sun l 政治 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。