上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 全国各地のお寺に油のような液体がまかれているようです。どうしてそのようなことをするのでしょうか。

日本には、たくさんの寺社があります。今回国宝や国指定の重要文化財などにもなっている7寺社も被害にあっているようです。

悲しいですね。

 日本の文化を守り、次の世代に残していくことが現代に生きる私達の使命でもあります。日本の文化を汚してもなんとも思わない方が存在することは非常に残念です。

 美しい日本文化がこれ以上、汚されることがないようにして頂きたいものです。


【 産経新聞 】

 各地の寺社で油のような液体とみられるシミが相次いで発見されている事件で、千葉県成田市の成田山新勝寺でも三重塔など4つの国指定重要文化財を含む12の建造物で液体がかけられたようなシミが見つかったことが10日、県警などへの取材で分かった。国指定重要文化財の仁王門、釈迦堂の外壁や柱など、20カ所以上に被害が確認されているという。

 成田署などによると、8日夜に巡回中の警備員が発見し、同署に9日夜に相談したという。新勝寺によると、「3月下旬に被害を確認していた」と話している職員もいるという。同署は建造物損壊などの容疑で調べている。

 成田山新勝寺は天慶3(940)年に開山された真言宗智山派の大本山で、例年、初詣などで多くの参詣客を集める。

( 引用終わり )


スポンサーサイト
2015.04.14 Tue l 雑感 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。